国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 REDD研究開発センター

文字サイズ

COP20サイドイベント

本イベントは終了しました

国連気候変動枠組条約第20回締約国会議(COP20)サイドイベント開催

目的・概要

2020年までの森林・土地利用セクターの自主的な緩和活動を促進するため、日本の産業界と研究機関、政府機関が発足させた新たな連携プラットフォームについて紹介するとともに、二国間メカニズムを活用したREDD+活動の今後の可能性と課題について議論を行いました。

開催報告・発表資料

本イベントの開催報告と各発表者のプレゼンテーション資料は下記サイト内に掲載されています。
"December 4 (Thu)"をご覧下さい。

cop20日本パビリオン

【リンク先】COP20/CMP 日本パビリオン(http://www.mmechanisms.org/cop20_japanpavilion/index.html)
イベント名
森から世界を変えるREDD+プラットフォーム~官民連携出発進行!
主催者名
(独)森林総合研究所
共催者名
(独)国際協力機構(JICA)、国際熱帯木材機関(ITTO)
日時
2014年12月4日 13:00~14:30
場所
Japan Pavillion, COP20
スピーカー
五関 一博 (技術審議役 独立行政法人国際協力機構)
Dr. Yetti Rusli (インドネシア環境森林省)
矢崎 慎介 (兼松株式会社)
中塚 佳寿紀 (住友林業株式会社)
Dr. MA Hwang Ok (ITTO)
塚田 直子 (主任研究員 森林総合研究所)
西川 敦子 (政策担当シニア・マネージャー コンサベーション・インターナショナル・ジャパン)

国内連絡先

REDD 研究開発センター
〒305-8687 つくば市松の里1
Tel: +81-29-829-8365
Fax: +81-29-829-8366
E-mail: redd-rd-center@ffpri.affrc.go.jp