国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所
REDDプラス・海外森林防災研究開発センター

文字サイズ

国際オンラインワークショップ

本セミナーは終了しました

国際オンラインワークショップ
ベトナムと日本における自然災害と防災対策の取組み
"Natural disasters and risk reduction measures in Vietnam and Japan"

開催日

2020年12月23日(水曜日) 15:00-17:00

開催趣旨

ベトナムと日本は、ともに急峻な山地と長い海岸線を有するとともに、台風による集中豪雨や高潮、海溝型地震に伴う津波の被害を受ける、といった地理的・気候的な共通点があり、防災・減災技術が研鑽されてきた歴史があります。

本セミナーにおいては、両国からそれぞれ森林地域における自然災害の実態とその対応策について紹介するとともに、森林による防災・減災技術の開発のニーズと可能性について議論を行います。

主催・共催等

主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所

共催:ベトナム森林科学アカデミー

国際オンラインワークショップ
ベトナムと日本における自然災害と防災対策の取組み
"Natural disasters and risk reduction measures in Vietnam and Japan"

プログラム

15:00 開会挨拶・趣旨説明:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 研究ディレクター 平田泰雅
15:05 来賓挨拶:林野庁 計画課 海外林業協力室長 山崎敬嗣
15:10 基調講演:ベトナム森林科学アカデミー 校長 フォー・ダイ・ファイ教授
15:15 発表1「山地災害と防災対策」ベトナム森林科学アカデミー フー・タン・フォン部長
15:35 発表2「日本で起きている山地災害のタイプとそれに対する調査・研究」森林総合研究所 森林防災研究領域 山地災害研究室長 岡本隆、村上亘
15:55 質疑応答
16:00 発表3「沿岸地域の災害と防災対策(マングローブ)」ベトナム森林科学アカデミー ングェン・トゥイ・ミー・リン
16:20 発表4「高潮災害とマングローブの役割:マングローブ林の保全と修復の必要性について」森林総合研究所 東北支所 森林環境研究グループ 小野賢二
16:40 質疑応答
16:45 全体討論「防災・減災技術開発と対策のニーズ」
16:55 まとめ・閉会挨拶:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 研究ディレクター 平田泰雅

森林総研チャンネル (Yutube動画)(英語のみ)

こちらのURLからご視聴ください。
https://youtu.be/r0_s7LbB5IE