国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 REDD研究開発センター

文字サイズ

号外 (3/16) GCF意見募集(Call for input)のご案内

GCF意見募集(Call for input)のご案内

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+ ◇◇森林総研REDDセンターだより2016年度 号外◇◇   発行年月日: 3/16/2017    森林総合研究所 REDD研究開発センター 事務局 ☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆     ◇◇◇GCF意見募集(Call for input)のご案内◇◇◇ 緑の気候基金(Green Climate Fund:GCF) REDD+成果支払いに関しモダリティー検討に係る ステークホルダーからの意見募集 (締切り 3/20)) ☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。 緑の気候基金(GCF)は、国連気候変動枠組条約 (UNFCCC)からのマンデートを受け昨年10月の第14回 理事会からREDD+資金、特に成果支払いのあり方に ついて検討を進めていますが、この2月から本格的 な協議プロセスをスタートさせました。現在、日本 を含む各理事国及びステークホルダーに対してREDD+ 「GCF 成果支払いに関しモダリティー検討に係る インプット」として具体的な意見を募集しています。 「成果支払い」はREDD+の根幹に関わる重要な課題 の一つであり、GCF事務局からは上記コメントを受 けるための基礎情報も提供しております。REDD+に 対する現状、課題への理解をより深めていただく 観点から、ぜひ、以下のGCFのHPをご確認ください。 GCF (Homepage)(英文) GCF (REDD+Call for public input)(英文) なお、林野庁海外林業協力室大仲幸作氏からご提供 いただいたGCF理事会での議論・決定等参考資料は、 森から世界を変えるREDD+プラットフォーム(注)の ウェブサイトからダウンロードすることができます。 参考資料(森から世界を変えるREDD+プラットフォーム ウェブサイトへ) 3月20日が締め切りです。ステークホルダーの皆様、 直接下記のテンプレートでGCFにinputを送付して ください。 (REDD+プラットフォームからもダウンロードできます) GCF Call for Board inputs(英文) GCF理事会参考資料(英文)の一部については REDDセンターから仮訳を提供することができます。 ご希望の方は事務局までメールでご連絡ください。 redd-rd-center@ffpri.affrc.go.jp (注)森から世界を変えるREDD+プラットフォーム 「森から世界を変えるREDD+プラットフォーム」 への加盟申請は随時受けつけています。同プラット フォー ムでは、官民が協力して途上国の森林保全 や気候 変動対策、生物多様性保全、持続的な開発 (貧困削減) を展開します。 加盟申込へ ☆REDD+プラットフォームメルマガ申し込み ▼ REDD+プラットフォームfacebook, twitterREDD研究開発センターウェブサイト ※ この日本語のメールマガジン [redd-plus-news:53] に続き、 [redd-plus-news:54] として Reminder: REDD-plus stakeholders in Japan, Call for input from GCF と題する英語簡略版を発信いたします。             ◇◇◇ 森林総合研究所 REDD研究開発センター ◇◇◇ URL: http://redd.ffpri.affrc.go.jp/index.html (担当:国際連携・気候変動研究拠点 川元スミレ,江原誠) 〒 305-8687茨城県つくば市松の里1 国立研究開発法人 森林総合研究所内 Phone: 029-829-8365; FAX: 029-829-8366 ☆☆☆☆☆ REDD (Reducing Emissions from Deforestation and forest Degradation in developing countries) REDD+:「開発途上国における森林減少・劣化に由来 する排出の抑制、並びに森林保全、持続可能な森林 経営、森林炭素蓄積の増強」とされる 途上国での森林 分野の温室効果ガス排出削減努力等を評価する仕組み