国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所
REDDプラス・海外森林防災研究開発センター

文字サイズ

森林整備・治山技術の現地適用

日本の森林整備・治山技術を効果的に現地のニーズに合わせて適用するための手法の開発

ベトナムでは市場経済の拡大等による不適切な森林利用によって斜面崩壊をはじめとする山地の荒廃が進んでいます。同国の山地災害リスクの低減を目的として、森林生態系の持つ減災機能を最大限に活用する日本の治山技術をベトナム国に適用するうえで必要な手法を、同国の自然環境条件や社会情勢を考慮しながら開発します。本目的の達成のため、ベトナム北部地域の荒廃林地を対象に現地踏査を実施し、斜面崩壊等の発生場や発生形態、植生被覆との関係等を把握します。また治山事業計画の策定に必要となる、同国の地形・地質・降水量等の広域データセットの整備状況を調査し、GIS基盤データへの供用可能性を明らかにするための品質確認を行う。林地の荒廃には不適切な森林路網の作設に起因することも多いことから、対象林地に存在する林道、作業道の整備状況についても調査します。さらに対象地域における森林の伐採、農地転換、居住地域の変遷等など土地利用の実態を現地調査によって把握します。このようにして得られた、林地の荒廃、林道の整備、土地利用の情報を、リモートセンシング技術による斜面崩壊リスクマップ及び森林管理マップの作成の一助とします。また作成されたリスクマップや土地利用情報を判断材料とした対象林地のゾーニングを行い、これに基づいて、治山事業を適用するための土地利用計画の策定、作成を行います。