国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 REDD研究開発センター

文字サイズ

研究員現場レポート/海外出張

韓国 REDD国際シンポジウムへの参加

平田泰雅(研究ディレクター)
 野田 巌(国際連携・気候変動研究拠点長)
 徳川浩一(気候変動研究室 主任研究員)

日程

2017年11月27日~11月29日(3日間)

出張先

韓国 山林科学院森林気候変動研究センターなど

概要

韓国山林科学院森林気候変動研究センターおよび国際林業部を訪問し、気候変動適応策と森林についての国際セミナーに関する意見交換を行った。また、韓国山林庁主催のREDD+国際シンポジウムに参加した。参加者は約70名。「二国間クレジット制度」をテーマとして議論が交わされた。日本以外の海外講演としては、アメリカ合衆国の森林炭素取引に関与するNPOやREDD事業の実施団体、ケニヤの森林保全活動の成功例などがあった。REDD+における市場メカニズムに関する情報も収集することができた。