国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 REDD研究開発センター

文字サイズ

平成29年度国際セミナー

本セミナーは終了しました

平成29年度国際セミナー
『REDDプラス展開の鍵は何か?
-現場活動から見えてきた、REDDプラスの実践手法-

開催日:2018年2月7日(水曜日) 10:00-17:30

会場:東京国際交流館 国際交流会議場(東京都江東区青海2-2-1)

主催:国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所

共催:国際熱帯木材機関(ITTO)、独立行政法人国際協力機構(JICA)、森から世界を変えるREDD+プラットフォーム

後援:林野庁、外務省、経済産業省、環境省、日本リモートセンシング学会、日本森林学会、日本熱帯生態学会、森林計画学会

概要

本セミナーでは、今後のREDDプラスへの民間参画の一層の促進に向け鍵となる、排出削減量の低コストな計測手法や地域レベルのREDDプラス活動の評価手法などに焦点を当て、最新情報等の共有及び議論を図りました。

開会セッションにおいては、森林総合研究所の沢田治雄所長による主催者挨拶の後、来賓挨拶において、林野庁の織田央森林整備部長から、REDDプラスの活動推進のためには、緑の気候基金(GCF)に加え、民間資金が積極的に投資される環境の創出の必要性が指摘され、また、本セミナーが民間セクターを含む多様な主体によるREDDプラスの一層の促進につながることへの期待が示されました。

基調講演で広島大学大学院奥田敏統教授は、REDDプラスにおける炭素ストックの増加と生物多様性・住民便益が両立する、などについて指摘がありました。

セッション1では、排出削減量の計測や参照レベルの設定等技術的側面からの民間参画支援に光を当て、様々な国で実践されている計測や参照レベルの設定に関する取り組みを紹介するとともに、これまでの進捗や最新の情報についての共有を図りました。

ここで、FAOのジュリアン・フォックス氏からは、FAOによる途上国への国家森林モニタリングシステム及び測定・報告・検証(MRV)への支援等について紹介が、ベトナム森林インベントリ・計画局のグウェン・ディン・フン氏からは、ベトナムにおける森林参照レベルについての具体的な設定内容について紹介がありました。また、日本森林技術協会の鈴木圭氏からは、コンゴ民主共和国におけるリモートセンシングによる森林地図の作成等の活動の概要が紹介されるとともに、森林モニタリングの今後の役割についての考えが示されました。

セッション2では、一つの地域内で多様な主体が活動する場合の連携の事例、二国間クレジット制度の運用に向けた具体的な取り組み状況などについて紹介するとともに、これまでの進捗や最新情報の共有を図りました。

ここで、林野庁の大仲幸作氏からは、JCMの下でのREDDプラス実施に向けた現状及び成果支払いの重要性が指摘され、CIペルーのミラグロス・サンドバル氏からは、ペルー・サンマルティン州での取り組みについて紹介あった後、先住民グループの参加システムの構築の重要性等が指摘されました。また、森林総合研究所の岡部貴美子氏からは、セーフガードに関する研究成果を披露しつつ、セーフガード配慮が、森林劣化対策や気候変動対策のみならず、SDGsにも貢献可能なものとなることへの期待が示されました。

パネルディスカッションでは、冒頭、ITTOのゲルハルド・ディターレ事務局長から、政府からインセンティブのパッケージを民間部門に提供することが企業参加の条件になるだろう、などのとのREDDプラスにおける課題がコメントされた後、4つのキークエスチョンについて議論が行われました。

取りまとめセッションにおいて、森林総合研究所から、

・REDDプラスを実施することによって、気候変動の緩和だけでなく、森林生態系と生物多様性の保全、地域社会における貧困の緩和などの多様な効果が生まれるべきである。

・資金メカニズムを含むREDDプラスのための国際的な制度を設計・構築し、REDDプラス活動への民間セクターの参画を促進することが必要である。

・研究機関には、研究や技術開発の成果を整理・体系化することにより、これらのメカニズム構築への支援に貢献することが求められている。森林総研としてもそうした期待に応えていきたい。

とのメッセージを発信し、閉会しました。

各講演者の概要・発言要旨はこちら

REDDプラス展開の鍵は何か?
-現場活動から見えてきた、REDDプラスの実践手法-

開催日と会場

2018年2月7日(水曜日) 10:00-17:30

東京国際交流館 国際交流会議場(東京都江東区青海2-2-1)

開催趣旨

REDDプラスは、第19回国連気候変動枠組条約締約国会合(COP19)において、その実施に関わるモニタリング、セーフガード、資金等の技術面や政策面に関する基本的なルールが合意されました。さらに、COP21で採択されたパリ協定においては、REDDプラスの実施及び支援が推奨されています。こうした状況の中で、森林の生態系や生物多様性保全、地域住民の貧困削減等の観点も重視した“多様な効果を生むREDDプラス”への期待は高まりを見せ、現在、途上国各国がREDDプラス推進に取り組んでいます。今後、資金メカニズムの設計を含むREDDプラスの国際的な制度の設計・整備、また、民間セクターによるREDDプラス分野への参入を促すことが求められています。そうした中、こうしたメカニズムを下支えする様々な技術的な課題について、研究開発の成果を整理することは喫緊の課題です。

本国際セミナーは、途上国各国の条件に即した排出削減量の低コストな計測手法をいかに構築するのか、また、国全体の排出削減量において、地域レベルのREDDプラス活動をどのように評価するのか、といった課題に着目しつつ、今後のREDD プラスへの民間参画の一層の促進に向けた課題について議論します。

※案内チラシは こちら からダウンロードできます。(1.3Mb)

参加申込(1月29日締切)

※参加申込は こちらの参加申し込みフォーム からお願いします。
  (外部サイトに移動します。)

キークエスチョン

  • 現実的なコストで行うことができる適切な精度を有した排出削減量の計測方法とはどのようなものか。
  • 参照レベルの設定が途上国各国で進む中、設定に取り組んだ結果得られた今後のMRVにおける課題は何か。
  • 様々なプロジェクトが同じ地域で存在している場合の、関係者間での成果の配分(緩和量、その他利益配分)において、求められる方法とはどのようなものか。
  • 様々な側面が存在するセーフガードに関して、民間事業者が実施するプロジェクトレベルの取組みを支援するためには何が必要か。

プログラム(敬称略)

基調講演 REDDプラスの実践と今後の課題-住民の便益と森林保全活動の両立を目指して-

奥田 敏統(広島大学)

セッション1 各国の条件に即した排出削減量の計測と参照レベルの設定

Julian Fox(FAO)
Nguyen Dinh Hung(Forest Inventory and Planning Institute、Viet Nam)
鈴木 圭(日本森林技術協会)

セッション2 地域におけるREDDプラス活動と民間参画

大仲 幸作(林野庁)
Milagros Sandoval(Conservation International Peru)
岡部 貴美子(森林総合研究所)

パネルディスカッション REDDプラスの展開に向けたこれからの課題と民間参画

奥田 敏統    Julian Fox    Nguyen Dinh Hung
鈴木 圭     大仲 幸作     Milagros Sandoval
岡部 貴美子   Gerhard Dieterle(ITTO)